大学生や専門学校では4月や9月に教科書を買うんですが、何冊も買うので結構な金額になります。

藤子の場合はよくamazonのマーケットプレイス(中古品)で買うんですが、ぶっちゃけあのシステムってどうなのよ? ということを書いてみようと思います。

値段プラス送料が必要

中古品の場合、送料がかかります。大体300円くらい。同じ出品者からまとめて買うと安く抑えられる場合もあります。

汚れや書き込みがある場合も

中古なのでコンディションに幅があります。中古の出品一覧のページで出品者からのコメントに書いてあります。

藤子は今まで10冊くらいamazonの中古で買いましたが、名前が書いてある、ラインマーカーが引いてある、表紙カバーがセロテープで固定されている、あたりは普通に売られています。(勿論買う前のページで事前説明アリ)汚れや書き込みが酷くて本文が読めないようなものは遭遇していないです。

どうせ授業で書き込んだりしますし、コレクターズアイテムというわけでもないので、そもそも中古の本が嫌っていうような人じゃない限り許容範囲だと思います。書き込みの傷もない綺麗な中古もありますし。

改訂版などに注意

学校の教科書販売指定店(購買部など)以外で買う場合、新品でも注意が必要です。

授業が改訂後の物を指定しているのに改訂前の版を買うと、最悪使い物になりません。問題集とか法律の解説書で10年に一度の大改訂とかされてると結構悲惨。

他には文庫版指定なのに大きいサイズのを買うとか、その逆とかもあります。改訂版同様、加筆修正に注意が必要です。

到着まで少し時間がかかる

出品者からの発送の場合、amazonみたいに「今日の朝頼んで夜届く!」みたいなことはないです。次の日に届いたらめっちゃ速い、3日くらいで普通、5日くらいかかっても珍しくないかなー、って印象。全国の学生が同じタイミングで買うから繁忙期なのもあるんじゃないかと。

amazonの中古以外の方法もある

講師によってはKindle版でもokという人がいるかもです。かさばらないし、新品でも紙で買うより安い。レポート評価の授業ならテストの持ち込み時にカンニング云々とかも問題無いですね。

また、教科書ってマイナーな本が多くてamazon(と購買)くらいでしか手にはいらないイメージがありますが、英語の授業や情報系の演習(htmlとか)だと、一般の本屋でも取り扱っているような市販の問題集をそのまま教科書として使っているケースもよく耳にします。ブックオフの参考書コーナーで見つかるかもしれません。特にTOEICの問題集とか。

実際に藤子の知り合いで授業の指定教科書でこの本使ってた子がいました。ブックオフでもたまに700円くらいで見かけます。

あと当たり前ですが、使い終わった教科書はまたamazonなどで売れるので、結果として教科書代がさらに安く抑えられます。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン!